ホテル日航金沢、和食店や客室を改装 富裕層に的

インバウンド
2020/3/9 19:07
保存
共有
印刷
その他

4K対応のテレビなども設置した(金沢市)

4K対応のテレビなども設置した(金沢市)

ホテル日航金沢は10日、スイートルームなどが入る客室フロアと日本料理店を改装開業する。客室はデザインや設備を変えて高級感を出したほか、店舗はカウンターを増やして職人が料理する様子を間近で見られるようにした。北陸3県には今後、相次いで外資系ホテルが進出する予定。客室やサービスを磨いて増加が見込まれる富裕層の取り込みを目指す。

計13室の客室を持ち、市内を見渡せる眺望を売りにした27階のフロアを改装した。最高級のインペリアルスイートルームは108平方メートル。黒系統を基調にした客室のデザインで高級感を出した。65型の4K対応のテレビを2台設置したほか、5パターンのシャワーを用意。1泊の料金は50万円前後とする。

日本料理店「弁慶」は炉端焼き向けのカウンターや割烹(かっぽう)料理向けのカウンターを設置した。現代風の日本料理を出すなどメニューも刷新した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]