/

新型コロナの休業補償、時間単位でも給付 厚労省

厚生労働省は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための小学校の臨時休校などに伴い、会社を休んだ保護者の賃金を補償する制度の詳細を発表した。時間単位や半日単位での休暇も対象とする。3月中に受け付けを開始するよう準備を進める。

新たな助成金制度は臨時休校により主に小学生までの子どもの世話をすることが必要になり、仕事を休んだ従業員が対象だ。雇用形態や勤め先の企業規模にかかわらず、日額8330円を上限に賃金の補償を受け取れるよう企業に助成金を支給するもの。対象期間は2月27日~3月31日までとする。

財源に雇用保険を活用する。労働時間が週20時間未満の短時間労働者は雇用保険に入っていないため、パート労働者向けの補償は一般会計で賄う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン