/

中国、日本人旅行客のビザなし訪問を一時停止

【北京=羽田野主】中国外務省は9日、日本人が旅行などの目的で中国を訪問する場合、滞在する日数が15日以内であればビザ(査証)を免除するとした措置を一時的に取りやめると在中国日本大使館に通知した。10日午前0時(日本時間10日午前1時)から停止する。新型コロナウイルスの感染が中国国内に逆流するのを防ぐ狙いとみられる。

日本大使館が中国在留邦人などに連絡した。これまでは旅行目的のほか、友人を訪問する場合や、空港で航空機を乗り継ぐトランジットなどの目的で中国に入国する場合、滞在日数が15日以内なら日本人はビザを免除されていた。

ビジネスや親族を訪ねる目的で中国を訪問する場合は引き続きビザの免除措置が適用されるが、入国時に中国国内で招待した人が7日以内に発行した書類の原本の提示が必要としている。在中国日本大使館は「ビジネス目的であっても中国内での移動はかなり制限される可能性がある」(領事部)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン