議事書き起こし、英語なら95%再現 米新興「オッター」

2020/3/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社員数50人足らずの米スタートアップがつくる議事録作成サービスアプリが世界で急速に普及している。AIセンスの「Otter(オッター)」は人工知能(AI)を使った英語の書き起こしで高い精度を示し、利用者数は市場投入から2年で150万人に達した。競合があらゆる場面での音声認識AIづくりを目指すなか、あえて会議向けに特化することでユーザー利便性を高めた。音声AIは米グーグルなど巨大ITの独壇場だが、新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]