気がつけば3位 三井物産、「復権」へのドライ戦略

Bizレーダー
2020/3/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かねてより噂されてきた三井グループの重工・プラントメーカーの「大合同」構想が幻のまま消えようとしている。集約が取り沙汰されたのは三井E&Sホールディングス(旧三井造船)、東洋エンジニアリング、三井海洋開発。このうち三井E&Sと東洋エンジは過去数年で業績が大きく悪化したが、三井グループの中核企業、三井物産が経営再建や業界再編で主導的な役割を演じることはなかった。「冷めた態度」の背景に何があったのか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]