「バイデン躍進」の注意書き 待ち受ける3つの関門
本社コメンテーター 菅野幹雄

菅野 幹雄
本社コメンテーター
2020/3/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファーストネームとモメンタム(勢い)を合わせた「ジョーメンタム」の新語ができた。米大統領選挙に挑む民主党の指名争いは中道派のジョー・バイデン前副大統領が3日の「スーパーチューズデー」で14州中10州を制し、先頭に立った。2月3日の初戦、アイオワ州と11日の第2戦、ニューハンプシャー州でそれぞれ4位と5位に沈んだ本命候補の復活劇は大統領選の歴史に刻まれるだろう。

トランプ大統領の再選を阻みたい勢力…

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

電子版トップ



[PR]