賃金どうなる? 数字で読む春季交渉

賃上げ交渉
2020/3/11 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の賃金水準を決める2020年の春季労使交渉は、きょうが集中回答日となる。基本給を底上げするベースアップ(ベア)や一時金について、自動車や電機、外食、サービスなど様々な産業で経営側が一斉に労働組合の要求に答える。回答の水準をどう考えればよいのか。賃金を巡る数字を振り返る。

■これまでの賃上げ率は?

賃上げという場合、ベアだけでなく、年齢や勤続年数が上がるほど給与が増える定期昇給、手当のアップも含…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]