福井銀行運営の女性交流拠点「WiL」20年秋に移転 新本店に機能集約

2020/3/9 17:38
保存
共有
印刷
その他

福井銀行は福井駅西口前のビル「ハピリン」2階に設置している女性向け交流拠点「WiL」を2020年秋をメドに閉鎖する。建て替え中の新本店が9月に竣工するのに合わせ、機能を新本店に移すことにした。

WiLは働く女性に向けた交流・営業拠点として16年4月に開設された。美や健康などのジャンルの書籍が並び、ソファでくつろぎながら読書が楽しめるほか、女性向けのセミナーやイベントなども開催されている。平日は1日当たり平均30人、土日は80人程度が利用しているという。

福井銀行の新本店は駅から徒歩10分程度かかり、従来よりも福井駅から遠くなる。福井銀の担当者は「駅前だけでなく、広いエリアの活性化につなげたい」と話している。新本店では銀行への来店者だけでなく、一般客が自由に訪れて読書などを楽しむスペースになるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]