9/24 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]
  2. 2位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  3. 3位: 日本電産、隠れた優等生「機器装置」 不況期の支えに[有料会員限定]
  4. 4位: ウォルマート、加速する無形資産シフト DXで生き残り[有料会員限定]
  5. 5位: [FT]大手銀、新型コロナによる金相場変調で巨額の利益[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,068.74 -277.75
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

スクランブル

フォローする

相次ぐ急落、個人に深手 「逆張り」役の余力乏しく

2020/3/9 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人投資家の苦境が深まっている。9日の日経平均株価は再び急落し、この2週間の下落幅は3500円を超えた。この間、買い下がってきた個人は、想定を超える株安で深手を負っている。市場では「セリングクライマックス(売りの最終局面)は近い」との見方もある。だが、過去、逆張りで相場の底を支えた個人の買い余力は、日に日に細りつつある。

9日は日経平均が1050円安と2年1カ月ぶりの下げ幅を記録し、東証マザーズ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム