/

この記事は会員限定です

相次ぐ急落、個人に深手 「逆張り」役の余力乏しく

[有料会員限定]

個人投資家の苦境が深まっている。9日の日経平均株価は再び急落し、この2週間の下落幅は3500円を超えた。この間、買い下がってきた個人は、想定を超える株安で深手を負っている。市場では「セリングクライマックス(売りの最終局面)は近い」との見方もある。だが、過去、逆張りで相場の底を支えた個人の買い余力は、日に日に細りつつある。

9日は日経平均が1050円安と2年1カ月ぶりの下げ幅を記録し、東証マザーズ指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン