/

新型コロナ、ウイルス抗体を検出 横浜市立大学

イムノクロマト法は15~30分で血清中の抗体の有無を判別できる(上が抗体がある場合)

横浜市立大学と横浜市は9日、新型コロナウイルスのウイルス抗体の検出に成功したと発表した。血清を使って免疫反応を調べることで、感染者の血液に含まれる「抗体」の有無、分量が検出できるという。検出法は2種類で、最短15分程度と短時間なのが特徴だ。インフルエンザの検査キットに似た簡易検査キットの開発などに役立てる。

横浜市大の梁明秀教授らの研究グループが日本医療研究開発機構(AMED)や関東化学などと連携して開発した。同大がコムギの胚芽を用いた合成技術でウイルスが持つ「抗原」というタンパク質を作れるようになったため、抗原との免疫反応により抗体があるかを調べられるようになった。

横浜市大の梁明秀教授(右)らの研究グループが検出に成功した(9日、横浜市)

検出法は血清を垂らせばリトマス試験紙のように15~30分で感染の有無がわかる「イムノクロマト法」、約2時間30分で抗体の分量を測定する酵素免疫測定法(ELISA)の2種類。感染者が免疫反応によって抗体を作るのに数日かかり、感染から数日が経過していれば検査できるという。

現在実施されている「PCR検査」は6時間程度かかるため、新たな検出法の実績を積み重ね、医院などでも使用可能な検査キットの開発などに役立てる。横浜市の林文子市長は9日の記者会見で「感染は世界的に拡大している。できるだけ早期に実用化していただきたい」と述べた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン