「教師のお手本」に著作権使用料 音楽教室の味方は世論

法務インサイド
瀬川 奈都子
法務・ガバナンス
編集委員
2020/3/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収することを認めた東京地裁判決を受け、原告のヤマハ音楽振興会(東京・目黒)など約250の教室運営者らは4日、知的財産高等裁判所に控訴した。だが地裁判決は大筋、従来の判例に沿ったもので、覆すハードルは高そうだ。音楽教室側が法廷闘争を続ける意義はどこにあるのか。

著作権法は、「著作者は公衆に聞かせることを目的として演奏する権利を専有する…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]