財務省・日銀・金融庁が緊急協議「必要な対応、迅速に」

2020/3/9 16:28
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う急激な円高・株安を受けて、政府・日銀は9日午後に緊急会合を開いた。出席した財務省の武内良樹財務官は会合後、記者団の取材に応じ「状況変化を見極めながら、必要な対策を迅速にとっていく」と述べた。

緊急会合には金融庁から遠藤俊英長官、日銀からは前田栄治理事らが参加した。武内氏は市場の動揺について「米国でも緊急事態宣言が出され、足元の金融市場の神経質な動きの大きな要因となった」との見方を示した。為替については従来通り「過度な変動は望ましくない」と強調した。

9日の外国為替市場では円が大幅に上がり、午前中には円相場が対ドルで一時1ドル=101円台となった。東京株式市場では日経平均株価が大幅下落した。終値は前週末比1050円99銭安の1万9698円76銭だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]