/

この記事は会員限定です

LIFULL、不動産裏付けにデジタル証券発行 地方の空き家を改装

[有料会員限定]

不動産情報サイト大手のLIFULL(ライフル)は米セキュリタイズと組み、今夏にも不動産を裏付けとしたデジタル証券を発行・流通させる仕組みをつくる。地方の空き家の改装資金を個人から数千~数万円単位で小口に調達することで、地方創生につなげる。

まず、特別目的会社(SPC)が地方の空き家を取得し、小口トークンを発行する。トークン販売を通じて集めた資金で空き家を宿泊施設やカフェに改装。その利用権をトークン購入者に渡す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン