NZフォンテラ、中国戦略練り直し直後のコロナの不運

2020/3/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ニュージーランド(NZ)の乳業最大手、フォンテラの中国事業に暗雲が漂う。売上高の2割を占める重点地域ながら、農場、粉ミルクともに苦戦が続き、2期連続の赤字の主因となっていた。昨年12月に組織を抜本改革し、地域別の事業部へと変更した直後だったが、新型コロナウイルスの発生で計算が狂うリスクが出てきた。同国最大の輸出品である乳製品の最大の輸出先の中国の異変はNZの酪農産業全体に影を落とす可能性もある。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]