/

プロ野球開幕、Jリーグ再開の延期提言 専門家チーム

(更新)

プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設けた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議が9日、東京都内で行われ、感染症の専門家らは「現段階では延期が望ましい」と提言した。プロ野球は20日からのシーズン開幕、Jリーグは18日からの公式戦再開が極めて難しい情勢となった。

今回の提言を受け、日本野球機構(NPB)とJリーグはそれぞれ9日に各チームの代表者らと対応を協議する。

会議後に記者会見したNPBの斉藤惇コミッショナーは「(開幕の)延長はやむを得ない」と語り、リーグ戦を中断しているJリーグの村井満チェアマンも「18日からの再開は難しいという認識でいる」と述べた。

記者会見には専門家も同席した。会議の座長を務める東北大の賀来満夫名誉教授は「現段階で感染者が増えており、抑制の見通しが立たない。試合開催にあたっては選手やチーム、観客が感染するリスクを下げる対応が必要で、選手の管理、入場者のチェック体制でまだ準備する必要がある」と延期を提言した理由を述べた。

愛知医科大学大学院の三鴨広繁教授も「選手やチームへの感染防止のための教育・啓蒙の時間を取ってほしい。その時間が足りない」と説明。試合会場では接触感染を抑えることが重要と強調し「会場のトイレ、選手のロッカーなどを清掃する必要もある」と語った。

試合を開催するタイミングについては、NPB、Jリーグともに専門家の意見を踏まえて柔軟に決める考えだ。斉藤コミッショナーは「日程をどうずらすかの難しい算数になるが、公式戦143試合は極力やりたい」と語り、無観客での公式戦は「個人的にはあり得ない選択と思っている」とした。村井チェアマンも可能な限り無観客開催を避けるとしたうえで「徐々に観客を増やすなど柔軟な対応はあり得る。状況をみていきたい」と話した。

Jリーグは2月26日からの公式戦すべてを延期、再開は3月18日を予定していた。プロ野球は2月29日以降、オープン戦を無観客で開催している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン