小売り・外食、新型コロナで一時閉店拡大 セブンなど

2020/3/9 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

従業員から新型コロナウイルスの感染者が出て店舗の休業に踏み切る小売りや外食の店舗が増えている。日本マクドナルドやセブン―イレブン・ジャパンなどでは、感染者の確認後、すぐに店舗を休業し消毒作業にあたるなど早期の対応を急いでいる。新型コロナの感染では、無症状だが陽性と確認されたケースも出ている。小売りや外食の店舗では主婦や学生など幅広い属性のスタッフが多数働いている。働き手全員の行動管理が難しいなか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]