/

首相、「歴史的緊急事態」指定表明 公文書管理で

参院予算委で新型コロナウイルスへの対応について答弁する安倍首相(9日午前)

安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症を公文書管理のガイドライン(指針)に基づく「歴史的緊急事態」に指定すると明らかにした。「新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案を提出するのに合わせて、歴史的緊急事態にすることとしたい」と述べた。

歴史的緊急事態に指定されると、新型コロナに関連する政府会議の議事録作成などが義務付けられる。首相は「担当省庁で検証可能なように文書を作成、保存しているものと承知しているが、今後さらなる徹底を指示する」とも述べた。立憲民主党の蓮舫氏への答弁。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン