/

この記事は会員限定です

NY原油、一時30ドルに急落 専門家はどうみる

[有料会員限定]

日本時間で週明け9日、原油先物相場の下げが加速した。ニューヨーク原油先物は時間外取引で1バレル30ドルまで売られた。原油急落の背景や今後の見通しを専門家に聞いた。

「サウジが調整役放棄、25ドルまで下落も」

大湖一樹・豊商事チーフアナリスト

ニューヨーク原油先物が急落した最大の要因は、サウジアラビアが増産の可能性を示唆したことだろう。産油国の協調減産を主導してきたサウジが調整役を放棄したのを意味し、原油相場を大きく下押ししている。サウジとロシアが早...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン