アイシン精機、小型電動移動機器「ILY-Ai」を事業化

BP速報
2020/3/9 11:15
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

アイシン精機は3月6日、1人乗りの小型電動移動機器「パーソナルモビリティー」として「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」の事業化を発表した。その第1弾として、岐阜市のショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」(運営:トヨタオートモールクリエイト)に有償でリース提供する。ILY-Aiは商業施設に特化したパーソナルモビリティー。アイシン精機では2015年の初代モデル発表以来、開発・評価を進めてきた。

カラフルタウン岐阜向けに専用開発したILY-Ai。後方から見たところ(出所:アイシン精機)

カラフルタウン岐阜向けに専用開発したILY-Ai。後方から見たところ(出所:アイシン精機)

カラフルタウン岐阜では19年7月から実証実験として買い物客にILY-Aiを貸し出しており、土日には平均で1日約30人が利用していた。人が乗って移動できるほか(定員は大人1人と子供1人まで)、カートとしても利用できる。カラフルタウン岐阜用に開発したILY-Aiは、最大速度を時速4キロと人の歩く速度に合わせ、大きさも一般的なショッピングカート並みにするなど、安全性や利便性に配慮した。

今回の事業化に当たり、利用者や事業者の要望・意見を取り入れて安全性や利便性をさらに高めたという。今後、カラフルタウン岐阜の買い物客は、あらかじめ会員登録をすればILY-Aiを無料で利用できる。

アイシン精機は今後、全国の様々な商業施設への導入に向けて取り組みを進める。

ILY-Aiを前方から見たところ(出所:アイシン精機)

ILY-Aiを前方から見たところ(出所:アイシン精機)

(日経クロステック 高野敦)

[日経クロステック 2020年3月6日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]