長期金利、マイナス0・2%に低下

2020/3/9 9:13
保存
共有
印刷
その他

9日の国内債券市場で長期金利が低下している。指標となる新発10年物国債の利回りは前週末比0.055%低い(価格は高い)マイナス0.2%を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大による世界景気の先行きへの懸念から投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる日本国債が買われた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]