/

北朝鮮が飛翔体3発、韓国軍発表 EEZ外の日本海落下

北朝鮮は2日にも日本海に向けて2発の短距離弾道ミサイルを発射している=朝鮮中央通信・共同

【ソウル=恩地洋介】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午前7時36分ごろ、東部の咸鏡南道宣徳(ソンドク)付近から3発の飛翔(ひしょう)体を北東方向の日本海に向けて発射したと明らかにした。飛翔体の種類は複数で飛距離は最大200キロメートル、高度は約50キロメートルだった。日本政府によると、飛翔体は日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下した。

北朝鮮の飛翔体発射は今月2日以来で、今年2回目。韓国軍は2月28日に実施が確認された朝鮮人民軍の冬季訓練の一環だとみている。

安倍晋三首相は(1)情報収集・分析と国民への迅速な情報提供(2)航空機や船舶の安全確認(3)不測の事態に備え万全の態勢をとること――の3点を関係省庁に指示。9日午前の参院予算委員会では「必要な情報の収集分析、警戒監視に全力を挙げ、日本の平和と安全の確保に万全を期す」と述べた。

北朝鮮が2日に発射した2発の飛翔体は約240キロメートル、高度は約35キロメートルで日韓の防衛当局は短距離弾道ミサイルだと判断している。朝鮮中央通信などの報道によると、2019年に発射を繰り返した「超大型ロケット砲」とみられる。3日には金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹で朝鮮労働党第1副部長の金与正(ヨジョン)氏の談話を出し「自衛的行動だ」と主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン