/

ニューヨーク州、新型コロナ感染105人 全米で日本超す

(更新)
ニューヨーク州のクオモ知事(中央)とデブラシオニューヨーク市長(右)(2日、ニューヨーク)=ロイター

【ニューヨーク=大島有美子】米ニューヨーク州は8日、新型コロナウイルスの感染者が米東部時間午前11時時点で105人になったと発表した。前日より16人増えた。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、米国全体における感染者数は8日午後5時時点で511人となり、約500人の日本を上回った。

ニューヨーク州の感染者のうち、ニューヨーク市は12人で、日本人の駐在員も多く住むウェストチェスター郡の感染者は82人となった。同郡にある慶応義塾ニューヨーク学院(高等部)は生徒の安全を考慮して、いまの学年度の5月31日まで学校を休校することを決めた。授業はオンラインで実施するという。

8日に記者会見したニューヨーク市のデブラシオ市長は「今後数週間で(市内の)感染者は100人超に増えるだろう」との見通しを示した。手洗いの徹底のほか、あいさつでは握手の代わりに肘同士をつきあわせるなど、感染防止に取り組むよう呼びかけた。米首都ワシントンでも7日夜に初の感染者が確認された。

衛生用品や人員を迅速に確保するため、非常事態宣言を出す州も増えている。8日には新たにオレゴン州が出したほか、7日までにニューヨーク州や東部ペンシルベニア州、西部カリフォルニア州など、米CNNテレビによると計8州が出している。

メリーランド州で2月に開かれた保守系政治団体によるイベント、保守政治活動会議(CPAC)の参加者からも7日、新型コロナ感染が確認された。同イベントにはトランプ米大統領やペンス副大統領も出席していた。

米与党・共和党のテッド・クルーズ上院議員は8日、CPACで新型コロナの感染者と短時間にわたり会話し握手したと明らかにした。本人に新型コロナの症状は出ていないが今週中は南部テキサス州の自宅で自主隔離すると説明した。

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン