/

この記事は会員限定です

ポイント経済、統計追いつかず 発行額は年1兆円超

エコノフォーカス

[有料会員限定]

家電量販店や航空会社などが発行するポイントが増え続けている。国内での発行額は年間1兆円を超えた。経済や金融システム上も無視できない規模になりつつある「疑似貨幣」の普及に、物価などの統計や利用者保護といったルールづくりは追いついていない。(舘野真治)

「100億円あげる」「20%還元」――。ネット通販のサイトや実店舗の店頭で、ポイント還元の大きさを訴える宣伝が目につく。野村総合研究所の推計では、国内の主要企業によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン