スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

一山、規格外の走り 日本歴代4位で五輪切符

2020/3/8 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

選考レースで一歩先を行っていた松田の記録を破り、五輪代表の座をたぐり寄せた一山は「きょうみたいな日が来るのが夢だった」。ゴール後の涙とはじける笑みのコントラストが快走同様の輝きを放った。

【関連記事】
・マラソン、大迫・一山が東京五輪へ
・マラソン代表選考、目標明確化で底上げ

ペースメーカーが予定の30キロを終える前、はやる気持ちを抑えきれないように先頭に立った。30キロの給水は海外勢にとって加速の起…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
15歳から26歳まで年齢層の幅広いチームのまとめ役。「今の時間を有意義に使えている」という共同

 年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は …続き (5/24)

オンラインでインタビューに応じる石川。「成長を感じていた」という今季は3月から中断し、4月に打ち切りが決まった

 バレーボール男子全日本のエース、石川祐希(24、パドバ)が18歳から挑戦してきたイタリアは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な国の一つだ。「パフォーマンスは非常に良かった」と手応えを感じていた今季は …続き (5/21)

大坂は米ロサンゼルス近郊の自宅にこもる生活が続く(2019年11月撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、テニスは7月末まで大会が中止となった。女子テニス世界ランク10位の大坂なおみ(22)も今、米ロサンゼルス近郊の自宅にこもる生活が続くが、毎日忙しく過ごすことで、リズム …続き (5/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]