/

人の動き滞る世界 新型コロナ、日本は入国制限を発動

イタリアの感染者数は欧州で最多となっている(ミラノ)=ロイター

新型コロナウイルスの感染が世界的に広がり、各国で入国制限や移動の制限をかける動きが相次いでいる。日本政府は9日午前0時、感染が広がる中国と韓国からの入国を制限する措置を一斉に発動した。第三国経由も対象とする。イタリア政府は8日、経済都市ミラノを含む北部を広範囲に封鎖する措置に踏み切った。移動制限が拡大すれば企業活動や物流にも影響し、世界経済の失速にもつながりかねない。

日本は9日午前0時から中国と韓国からの入国を制限した。同時に、中韓で発給済みのビザ(査証)の効力を停止した。中韓からの入国者は自宅や宿泊施設などで2週間待機するよう要請する。主に中韓に滞在中の日本人が対象になる見込み。いずれも3月末日までとしているが、感染の状況次第で更新する。新しいビザの発給も原則停止する見通しだ。

厚生労働省は8日までに、日本人を含む中国や韓国からの入国者に2週間の待機を要請する政府方針について、第三国を経由して入国する場合も対象とすると明らかにした。6日に政府が入国制限を閣議決定した後、同省は「対象外」としていたが、方針を転換した。

欧州で新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻なイタリア政府は8日、ミラノを含む北部の広範囲で封鎖に踏み切った。ミラノがあるロンバルディア州全域と、観光名所のベネチアを含むベネト州の一部などから他地域への移動を制限する。

4月3日まで原則として対象地域との出入りができなくなり、約1600万人が影響を受ける。イタリアの人口の約4分の1に当たる。同国で新型コロナに感染した死者は233人にのぼり、世界で2番目に多い。

米国でもニューヨーク州のクオモ知事が7日に州内の新型コロナウイルス感染者が急増したことを受けて非常事態を宣言するなど影響が広がっている。7日には、トランプ大統領も出席した政治集会での参加者1人の感染が明らかになった。

中東サウジアラビアも中国や韓国、イタリアなどを対象に入国を停止した。ニュージーランドは過去2週間に中国とイランに渡航歴のある外国人の入国を禁じた。韓国の報道によると、アフリカのモーリタニアやブルキナファソが新たに韓国からの入国を制限した。

南米でも警戒は強まる。アルゼンチンでは新型コロナウイルスに感染した同国人の男性が7日、首都ブエノスアイレスの病院で死亡した。中南米で初の死者となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン