新型コロナ感染の米クルーズ船、9日に入港・下船開始へ

2020/3/8 17:02 (2020/3/9 3:53更新)
保存
共有
印刷
その他

米サンフランシスコ沖に停泊している大型クルーズ船「グランド・プリンセス」(5日、米カリフォルニア州)=ロイター

米サンフランシスコ沖に停泊している大型クルーズ船「グランド・プリンセス」(5日、米カリフォルニア州)=ロイター

【シリコンバレー=奥平和行】新型コロナウイルスの感染が広がっている米大型クルーズ船「グランド・プリンセス」が9日にも米カリフォルニア州北部のオークランド港に入港し、乗客の下船が始まる見通しとなった。クルーズ船の運航会社が7日に明らかにした。

グランド・プリンセスは横浜港で約2週間にわたって洋上隔離され、700人超が感染した「ダイヤモンド・プリンセス」の姉妹船に当たり、4日に集団感染の可能性が浮上した。出港地のサンフランシスコに戻っていたが、当局が受け入れ体制が整うまで沖合で待機を求めていた。

運航会社の公式ツイッターなどによると、グランド・プリンセスは9日に入港する予定という。まず緊急治療や入院が必要な乗客の下船を始め、州内の医療施設に搬送する見通し。続いて一般の乗客の下船も進め、健康診断をすませてから同州の住民は州内の連邦政府施設、そのほかの地域の住民は州外の同様の施設で検査・隔離する方針だ。

乗員は船上で隔離、治療することもあわせて説明した。ペンス米副大統領は6日の記者会見で乗客を軍事施設などにとどめおく可能性を示唆する一方で乗員は下船させない考えを示しており、こうした方針に沿った決定になった。

グランド・プリンセスは米カーニバルが運航し、乗員は約1100人、乗客は約2400人。日本人も4人乗船している。2月21日にハワイに向けてサンフランシスコを出港し、当初はメキシコを経由して3月7日に帰港する予定だった。集団感染の恐れがあるとして、5日にヘリコプターで検査キットを搬入。健康状態の悪い40人超の乗員・乗客を調べたところ、21人の感染が確認された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]