/

この記事は会員限定です

政府調達、機密保護を強化 国籍や住所など提出要求

[有料会員限定]

中央省庁が昨年以降、機密情報に絡んだ調査研究などを民間企業に発注する際の調達ルールを一斉に厳しくしたことが分かった。担当者の名前や国籍、住所、旅券番号などの個人情報の提出を義務付けた省庁もある。2019年に中国当局との関係が疑われる企業が政府調達に参加していたことが判明したのを受け、グローバル化を踏まえた機密保護体制の強化を急いでいる。

政府関係者によると、政府が委託する調査研究で、受注企業を通じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン