/

この記事は会員限定です

福利厚生、スキルアップや子育てに重点 財形は半減

[有料会員限定]

大企業が福利厚生の見直しに動いている。低金利で魅力が薄れた財産形成貯蓄制度(財形)など資産形成の支援を減らしている。一方、人材の育成や定着につなげるため、スキルアップや子育て支援などを増やしている。定年の延長や共働き世帯の増加を受けて、多様な働き手のニーズに合わせた内容に変わってきている。

企業で福利厚生の主役だった財形は給与から天引きする形で貯蓄し、住宅購入や老後の資産形成などが目的なら利子が非...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン