/

自宅放火の疑いで中3逮捕 宮城、母と姉か2遺体

(更新)

7日午前2時20分ごろ、宮城県色麻町の農業男性(69)方から出火、木造2階建ての住宅延べ約180平方メートルを全焼、焼け跡から男性の40代の娘と、その10代の長女とみられる2人の遺体が見つかった。県警加美署は、男性の孫で長女の弟に当たる中学3年の男子生徒(15)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。

全焼した、宮城県色麻町の住宅(7日夜)=共同

逮捕容疑は7日午前2時ごろ、自宅に放火し、全焼させた疑い。同署によると「自室で火を付け、燃やしたことは間違いない」と容疑を認めている。

男子中学生は火災後に連絡が取れなくなっていた。同9時ごろ、現場近くで見つかり、同署が事情を聴いていた。

同署によると、出火前に言い争っていたなどの情報はなく、家族間のトラブルは把握していないという。

一家は男性夫婦、娘夫婦とその長女、長男の男子生徒で6人家族。娘とその長女と連絡が取れなくなっており、遺体はこの2人とみて調べている。娘の50代の夫が、2階から逃げる際、左足に軽傷を負った。約2時間後に鎮火した。

近くに住む70代の無職女性は家族の「近所で火事だ」という声で起きた。外に出ると「ぼん」と爆発する音とともに、男性方から火柱が上がっているのが見えたといい「人が亡くなる火災なんてめったに起きない町なのに」と目を伏せた。

現場は、田畑が広がる中に住宅が点在する地域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン