/

この記事は会員限定です

デジタル人材育成「副業兼業容認も選択肢」 経団連

[有料会員限定]

経団連はデジタル時代の人材育成に関する報告書をまとめた。社員の意識変革が欠かせず、そのためには多様な人材交流が有効と指摘した。具体策としてスタートアップ企業を支援する事業の実施などとともに「社員の副業・兼業の容認も選択肢になる」と訴えた。

経団連が昨年7~9月に実施した調査では、自社の人材育成策が環境変化に「対応できていない部分がある」との回答が88.8%にのぼった。「社員の就労意識の多様化」や「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン