/

この記事は会員限定です

新型コロナ背景、キャンプ場に行く人なぜ増えた

「他人と距離保てる」「子供ストレス」「仕事はかどる」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大でレジャー施設の休業が相次ぐ中、関西のキャンプ場が活況だ。利用者間の距離が保てるうえ、風通しが良いことが安心材料となり、土日を中心に予約が急増している。キャンプ場にパソコンを持ち込んでテレワークをする利用者もいるなど活用の仕方も様々だ。

「行く予定のライブが中止になったので、ソロキャンプに挑戦しようかと……」。3月5日の夕方、大阪市の会社員、嘉藤隆介さん(36)が訪れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン