世界の航空業界、視界不良 新型コロナで2割減収も

2020/3/7 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が世界の航空業界を揺るがしている。減便や運休は中国などアジア路線から欧米にもおよび、英国では欧州最大級の地域航空会社が破綻に追い込まれた。新型コロナの影響は過去の感染症のケースを大きく上回るとみられ、業界全体の売上高の2割が吹き飛ぶとの試算も出る。経営体力の弱い航空会社の淘汰が進む可能性がある。

「新型コロナの感染拡大が続けば、2020年の世界の旅客収入は最大で113…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]