/

この記事は会員限定です

世界の航空業界、視界不良 新型コロナで2割減収も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が世界の航空業界を揺るがしている。減便や運休は中国などアジア路線から欧米にもおよび、英国では欧州最大級の地域航空会社が破綻に追い込まれた。新型コロナの影響は過去の感染症のケースを大きく上回るとみられ、業界全体の売上高の2割が吹き飛ぶとの試算も出る。経営体力の弱い航空会社の淘汰が進む可能性がある。

「新型コロナの感染拡大が続けば、2020年の世界の旅客収入は最大で1130...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン