/

この記事は会員限定です

石炭火力、崩れる価格優位 ESG・再生エネ安で逆風

[有料会員限定]

石炭が持つ安価なエネルギー源という特性が消えつつある。普及が進む再生可能エネルギーの発電コストが下がる一方、温暖化ガス排出への風当たりが強い石炭火力は環境対策の費用が拡大する。競合する液化天然ガス(LNG)も供給が増え、値下がりが進む。欧米では、再生エネルギーの発電コストが石炭を下回るとの試算もある。電源構成に組み込むよりどころとしていた価格の優位性も崩れている。

日本の石炭火力発電所約7兆円が不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン