生保が資金繰り支援、金利ゼロで貸し付け コロナ問題で契約者に

2020/3/6 21:21
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染が広がるなか、生命保険会社が契約者である中小企業の資金繰りを支援する動きが出てきた。中小企業向け保険が主力のエヌエヌ生命保険は5日、契約者への貸付金利をゼロ%にしたと発表した。大同生命保険やソニー生命保険も同様の対応を検討中という。

エヌエヌ生命は契約者貸付の金利を2月18日に遡ってゼロ%に引き下げた。2010年以降の契約には2.35%が適用されていた。契約者ごとに解約返戻金の範囲内で一時的な資金を貸し出す。震災や台風などの災害時に被害地域に限って金利を免除することはあるが、今回のように感染症の影響を理由に適用するのは初めてという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]