井山が棋聖8連覇 囲碁、三冠を堅持

囲碁・将棋
2020/3/6 20:36
保存
共有
印刷
その他

囲碁の第44期棋聖戦7番勝負の第6局は5、6の両日、甲府市で打たれ、井山裕太棋聖(30)が262手で挑戦者の河野臨九段(39)に白番3目半勝ちし、4勝2敗で8連覇を達成、本因坊、天元と合わせ三冠を堅持した。

井山棋聖の七大タイトル獲得は通算47期となり、自身の持つ最多記録を更新した。棋聖8連覇は小林光一名誉棋聖(67)(第10~17期)と並び、同棋戦での最多連覇タイ記録となる。

河野九段は、初の棋聖獲得はならなかった。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]