/

この記事は会員限定です

きらり人財)粘土作家、矢壺智洋氏、粘土で温かみ伝える

[有料会員限定]

粘土で人形やジオラマを作製するアート作品「クレイアート」。浜松市出身の粘土作家、矢壺智洋さん(44)の手掛ける作品が、国内外から注目を集めている。広告デザイナーの表現の幅を広げようと手掛け始めたクレイアート。最近は海外からも仕事が舞い込む。活躍の舞台が世界に広がろうとしている。

浜松市にある矢壺さんの製作事務所「ウォルナッツ・クレイワークスタジオ」。粘土に真剣なまなざしを向ける矢壺さんの姿があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン