老舗駅弁、旅に出る 淡路屋・まねき食品が都心部へ

2020/3/6 19:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

兵庫県に地盤を置く駅弁製造の老舗企業が、新たな商圏で事業を広げる。淡路屋(神戸市)は10億円をかけて東京都内に工場を新設。都心駅の需要を狙う。まねき食品(姫路市)は大阪・京都向けに高級仕出し弁当の提供を始める。駅ナカの充実、鉄道の高速化などで駅弁の市場は縮小している。人口の多い地域への進出や事業多角化で成長を目指す。

淡路屋は東京都足立区内の550平方メートル超の敷地に4階建て新工場を建設。7月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]