/

KDDIスマホ過剰値引き、総務省が行政指導 改正法違反

総務省は6日、スマートフォンを過度に安売りしたとしてKDDIに是正を求める行政指導をしたと発表した。通信契約とセットで販売する際の携帯端末の値引き幅を2万円以内に規制する2019年10月施行の改正電気通信事業法に違反した初の事例となる。ポイント付与や現金還元など実質的に上限を超える値引きが364件あった。

同社の26社の販売代理店が米アップルのスマホ「iPhone」などの過剰な値引きをしていた。総務省はこれらの代理店にも行政指導をした。

KDDIは指導を受け「社内の営業部門に改正電気通信事業法の趣旨と改正内容の習熟を改めて徹底した。営業部門から全ての販売代理店に指導を実施するなどして、再発防止に取り組んでいく」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン