新型コロナ、映画館などで対策相次ぐ

2020/3/7 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、エンターテインメント分野で対策が相次いでいる。映画館で臨時休業や観客の座席の間隔を一定程度空けるなどの対応をとる。インターネットを活用して無観客のコンサートを自宅などで楽しめるようにしてイベントを実施する動きもある。

シネマコンプレックス(複合映画館)大手のイオンエンターテイメント(東京・港)は多数の感染者が確認された場所の近くにある「イオンシネマ北見」(北海…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]