/

この記事は会員限定です

預金保険の実効料率据え置きへ 20年度 預保機構

[有料会員限定]

預金保険機構は全国の金融機関から徴収する預金保険料について、2020年度の実効料率を0.033%に据え置く方針を決めた。19年度まで3年続けて料率を下げてきたが、預金の伸び率が想定を下回っていることなどから現行の水準を維持することにした。

保険料は金融機関の破綻時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン