/

この記事は会員限定です

米大統領選後 楽観はできぬ J・クラブツリー氏

シンガポール国立大学リー・クワンユー公共政策大学院准教授

[有料会員限定]

米国のトランプ大統領が2月、インドの首都ニューデリーなどを訪問した。中国への対応に苦慮する米国とインドにとって、関係の緊密化の一助となっただろう。加えて、トランプ氏の訪印は重要な一里塚でもあった。大統領再選の確率が、より高まる中でのアジア訪問だったからだ。

トランプ氏は、民主党の大統領候補であるサンダース上院議員らと戦う準備ができているようだ。確かに、順調な経済などに支えられ、トランプ氏再選の可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン