日本の水際対策は「中韓同列」 韓国大統領に冷や水
編集委員 峯岸博

峯岸 博
2020/3/7 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3日の政府の会合で発言する韓国の文在寅大統領(中央)=AP

3日の政府の会合で発言する韓国の文在寅大統領(中央)=AP

安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染が広がる中国と韓国からの入国制限のレベルを一気に引き上げた。特に韓国では唐突との受け止めが広がっており、総選挙を1カ月後に控える文在寅(ムン・ジェイン)政権を直撃した。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「失望した」。韓国大統領府の幹部は5日夜、中韓からの入国を3月末まで大幅に制限するという日本政府の方針を聞くと、直ちに強く反発した。

6日には、康京和(カン・ギョンファ)外相自らが冨田浩司駐韓大使を呼んで入国制限を撤回するよう迫る異例の対応に。日本の防疫体制を「不透明で消極的」と批判したうえで、韓国外務省は日本への対抗措置として、日本人に対する短期滞在(90日間)のビザ(査証)免除制度を9日から停止することなどを決めた。

韓国には、中国と同じタイミングで同列に扱われた不満がある。日本政府による発表時点の感染者数は中国が約8万人で韓国は約6千人。さらに韓国側には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]