/

この記事は会員限定です

SDGsと企業の責任(6) 重要性増す非財務情報

法政大学教授 長谷川直哉

[有料会員限定]

世界的なCSRの潮流を背景に、日本でも1999年からエコファンドの設定が相次ぎました。SRI(社会責任投資)の一種で、事業の成長性に加えて環境への取り組みが優れた企業に投資します。環境(E)・社会(S)・企業統治(ガバナンス、G)を重視するESG投資の中ではサステナビリティ・テーマ投資に分類されています。

草分けの1つである損保ジャパングリーンオープン(愛称・ぶなの森)は、運用期間が20年を超えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン