/

この記事は会員限定です

ジャパンキャビア、熟成で味に深み IoTで温度管理

拠点を探る

[有料会員限定]

チョウザメの養殖業者組合が前身のジャパンキャビア(宮崎市)は、宮崎産キャビアを製造販売している。キャビアはチョウザメの卵の塩漬け。宮崎市内にある本社兼加工場では、クリーンルーム内で作業し、あらゆるものがネットにつながる「IoT」で温度を管理。高級キャビアの量産体制を確立している。

加工場は宮崎駅から車で約30分ほどの丘陵地帯にある。坂元基雄社長は「山の中でキャビアが作られていることに、多くの来客...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン