/

この記事は会員限定です

トロッコ列車で里山感じて 小湊鉄道・石川晋平社長

(日経MJ・招き人)

[有料会員限定]

千葉県市原市と大多喜町をつなぐローカル線、小湊鉄道。創業100年を超える老舗企業で地域活性化に奔走するのが、社長の石川晋平さんだ。地方銀行員だった2005年、当時会長だった祖父から声をかけられて入社。09年に36歳で社長に就任した。

就任当初は沿線人口が減り続け、運輸収入も右肩下がり。特に住民が少ない里山エリアに地域外から乗客を呼び込もうと、15年秋に観光用トロッコ列車を導入した。「あくまでも主役...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン