人工呼吸器装着でも地域で生活 ヘルパー活用で自由に
川口有美子さん(3) NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会副理事長

コラム(社会・くらし)
2020/3/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2004年になると、介護事業で得た収入で、私は京都の立命館大学大学院先端総合学術研究科に進んだ。ちょうどこの頃から人工呼吸器の取り外しをめぐる議論が活発化した。

いっとき私もALSの母の安楽死を思いつめたこともあった。後から思えば、自分が自由になりたかったからかもしれない。介護する気力が減退していたのだ。

当時は、どんなに追いつめられていても、介護を交代できなかったので頑張り続けるしかなかった。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]