東京都 マスク20万枚、都内全区市町村に

2020/3/6 13:22 (2020/3/6 16:50更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都の小池百合子知事は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い都の持つマスク20万枚を都内全区市町村に配る方針を表明した。各地でマスクや消毒液といった衛生用品が不足しており、都は区市町村からマスクの確保を要請されていた。各自治体は医療機関や福祉施設、教育現場などへ優先的に供給する見通しだ。

都市長会はテレビ会議でマスク確保への支援を求めた(都庁)

小池氏は「引き続きマスクを必要なところに迅速に届けられるように努力したい」と述べた。都はすでに、東京マラソンで使わなかったマスク4万枚の医療機関などへの配布を始めている。

これとは別に、東京都小金井市は市内の介護施設や保育所などにマスクの配布を始めた。事業所の職員向けに、合計で約4万7000枚を用意した。医療機関や障害者施設も対象とした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]