受験料返還義務認める 東京医大入試不正で東京地裁

2020/3/6 11:06 (2020/3/6 13:02更新)
保存
共有
印刷
その他

東京医科大の入試不正問題を巡り、特定適格消費者団体のNPO法人「消費者機構日本」(東京)が大学側に受験料などの返還義務の確認を求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。前沢達朗裁判長は「ひそかに得点調整をしていたことは違法との評価を免れない」として、受験料の返還義務を認めた。受験にかかった旅費、宿泊費の返還請求は却下した。

2016年10月施行の消費者裁判手続き特例法は、共通の理由で損害を受けた…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]