/

イタリア、国民投票を延期 新型コロナの感染3858人に

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリア政府は5日、3月29日に予定していた議員定数削減の是非を問う国民投票の延期を決めた。新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、実施は困難と判断した。5日に累計の感染者数は3858人、死者は148人に達した。

イタリア北部を中心に感染が急速に広がっている(北部トリノ)=ロイター

国民投票では、上下院の国会議員の定数を計915から600議席まで削減することを国民に問う予定だった。支持率が低迷している与党の左派「五つ星運動」が議員定数の削減を公約としており、可決となれば追い風になるとみられていた。

伊政府は5日までに新型コロナの感染拡大防止策をまとめた首相令を打ち出した。4月3日まではあらゆるスポーツの試合を禁止する。ただし、無観客であれば開催を許可する。劇場や映画館、スポーツジムの営業は客の間隔を最低1メートル確保する施策をとれなければ認めない。全国の学校と大学を3月15日まで休校とする措置も始めた。イタリアは欧州で最も感染者が多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン