/

NYダウ急落、969ドル安 米長期金利は過去最低に

(更新)

【ニューヨーク=大島有美子】アジアや欧州での新型コロナウイルスの感染拡大が米国にも本格的に波及し、5日の米市場では投資家のリスク回避姿勢が強まった。株式市場ではダウ工業株30種平均が前日比969ドル58セント(3.6%)安の2万6121ドル28セントで取引を終えた。マネーは一斉に安全資産へ向かった。債券市場では長期金利の指標となる米10年物国債の利回りが過去最低を更新し、外国為替市場では円を買ってドルを売る動きが広がった。

前日にダウ平均が1173ドル高と過去2番目の上げ幅となった反動もあり、朝方から売りが先行した。午後には下げ幅が一時1100ドルを超えた。

金利低下から金利収入の悪化が懸念され、JPモルガン・チェース(5%安)など金融株が大きく売られた。出張の取りやめなど人の移動の減少に伴って世界的に旅客機需要が落ち込むとの見通しが広がり、ボーイングも8%安。グーグル親会社のアルファベット(5%安)などハイテク株も一様に売られている。

米国では新型コロナの感染が広がっている。4日にはカリフォルニア州が州全域に非常事態宣言を出した。ニューヨーク州は5日、感染者が1晩で倍増して22人に増えたと発表。社員に自宅待機を命じる米大手企業も出始めた。1~3月期の企業業績の悪化は避けられず、相場の将来変動率を示す「VIX指数」は一時41台まで上昇した。不安心理が高まった状態とされる20を大きく超えた。

安全資産とされる米国債には買いが殺到した。10年債利回りは一時0.89%に下がり、3日につけた過去最低(0.90%)を更新した。金融アドバイス会社デビア・グループの最高経営責任者(CEO)、ナイジェル・グリーン氏は米国の長期金利が「今後数カ月間で欧州や日本と同じようにマイナス金利になる可能性が強まっている」と指摘する。

ニューヨーク外国為替市場では安全通貨とされる円が買われ、円高・ドル安が進んだ。円相場は一時1ドル=105円97銭まで上昇し、半年ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が追加利下げをするとの観測が高まっていることもドル売りにつながっている。

商品相場では安全資産とされる金を買う動きが広がった。金の国際指標となるニューヨーク先物相場は取引の中心である4月物が一時、1トロイオンス1674ドルに上昇した。

市場の動揺を受け、金融機関は手元資金の確保を急いでいる。FRBの金融調節を担当するニューヨーク連邦準備銀行は5日、翌日物と2週間物の資金供給オペ(公開市場操作)を実施した。2週間物は200億ドルの入札予定額に対し、金融機関からは3倍超となる725億5000万ドルの応札があった。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン